★占い 易依頼★


 

栄神会では、「紫薇斗推命」と「六壬神課」を易として採用し、皆さまを占わせて頂いております。 どちらも易に詳しくない方には聞き慣れない言葉かもしれません。この二つの易は、恐ろしいほど良く当たるとされ古来より発展してきました。

○紫薇斗推命とは?

単に紫薇斗や、紫薇斗数とも呼ばれることも多いのですが、中国の宋の時代の仙人・陳希夷が創始した1100年以上の歴史を持つ易の名称です。 中国や台湾ではポピュラーな易であり、日本でも広く知られている四柱推命と併用することもあります。 太陰太陽暦をもとに、生年月日時を基にして鑑定者の特性や巡ってくる運勢を占う内容となっているのですが、 最も特徴的な部分は中国で古来より重要視されている北極星と北斗七星を易の根幹にしている所でしょうか。 星の組み合わせ巡り合わせによる膨大な統計学と言っても差し支えはなく、鑑定者に対して詳細な占い結果を出せる占術です。

詳細


○六壬神課とは?

六壬神課は、およそ2千年前の中国で誕生した古い占術です。 鑑定者の干支、占おうとしている時刻を元に占いをするので、西洋占星術とも似ている部分があります。 洋の東西を問わず、原点となる考えは同一なのかもしれません。 六壬神課の最も特徴的な事は、平安時代に日本に流入してきたことにより、陰陽師を統括していた陰陽寮に易として採用されたことにあります。 つまり、陰陽師を名乗るものは六壬神課の習得は必修でした。 安倍晴明公は『占事略决』という六壬の解説書を残しましたし、安倍晴明公を含む陰陽師が六壬神課を使って占ったという記録も現代に残されています。

詳細


○お申し込みの方へ

当会では、紫薇斗推命と六壬神課を使用して鑑定をご希望される方を占わせて頂いております。

紫薇斗推命  5千円(送料込・税込)

六壬神課   5千円(送料込・税込)

紫薇斗推命・六壬神課  1万円(送料込・税込)

※両方お申し込み頂いた方へは、遁甲易という占術の占い結果もお付け致します。
八門遁甲・奇門遁甲とも呼ばれる中国の古い占術の1つで、三国志で有名な諸葛亮が使用したとされています。

ページ先頭へ戻る

ご祈祷のご案内

 

お問い合わせ